マンションを貸したいと思ったとき

マンションを人に貸すのは難しい?

唐突ですが、マンションを人に貸したいと思ったときはありますか?それも自宅として住んでいたマンションを。
マンションを人に貸す、単純にそう聞くと何だかものすごくお金持ちの金額も桁違いのような世界を想像されるかもしれませんね。
でも私は普通のサラリーマンですし、お金持ちでも何でもありません。
では、なぜマンションを人に貸したいと思ったか。
私の場合は、サラリーマンに付き物の「転勤」があったのです。
無いと踏んで購入したはずなのにと思っても仕方ありません。
サラリーマンなので、命令に従うしかありません。
最初は、引っ越すのが面倒だし家を探す手間をかけたくないと感じたので、根性で通うことも考えましたが、新幹線を使用したとしても片道2時間越えと時間がかかりすぎる。
そして、お金の額として私には一月10万越えの定期代はあきらめる根拠になりました。
さて、どうしようと色々と考えました。
売却も考えましたが、また元の場所に転勤もあり得るし、その度に家のことを考えるのも面倒です。
そして、思いついたのは人に貸すこと。
幸い駅から徒歩数分の立地。
中古の物件としても検討される方もいるはず。
家賃は、ローン代金を回収できればOKくらいしか考えていませんでした。
単純に、自宅を貸すのだから簡単だろう不動産屋さんに管理も任せればいいやとも思っていました。
今思えば無知なだけだったのですが。

マンションを人に貸すのは難しい?住宅ローンの解除要件結局はお金は出ていきます